化学繊維の毛布



化学繊維の毛布は大きく分けるとポリエステル製とアクリル製ものがあります。

もちろんこの他にも色々ありますが、流通しているものではこの2種類が圧倒的です



ではまず、こちらがポリエステル製毛布です↓



そしてこっちがアクリル製毛布です↓

柄以外はぱっと見だとあまりわかりませんね…


糸の細さや織り方などがあるので全く同じ条件では比べられないんですが

触った感じはポリエステル毛布はちょっと柔らかめ

アクリル毛布の方が毛にコシがあってツルツルした感じです



お値段はというと写真のアクリル毛布はポリエステル毛布の倍以上の価格です。

価格の違いは繊維の価格と生産地の違いです




ポリエステル毛布は、ほぼ中国製それに対してアクリルは繊維を作るのに技術的に難しく、原料コストも高くつくので画像の商品は日本で生産されています。中国では安価で生産しやすいポリエステル製を多く生産しているためです。


さらに高価なアクリル製毛布は日本で作ることになり、人件費もあいまってより高くなります




値段や柄で選ぶことも多いと思いますが、毛布選びの際はぜひ手触りや重量感を

確かめて好みのものを探して見てください

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

ふとん の干し方

今回はふとん の日常的なお手入れである「干す」 ことについてです 当然ですが、外に干すなら晴れて乾燥している日が良いです 干す時間帯は午前10時〜午後3時頃の湿度が低い時間帯特におすすめです 早朝は朝露があったり、前日雨が降って地面が濡れていたりすると湿気があるので 早朝から干すのは避けた方がいいでしょう 干す場所は無理に日が当たる場所ではなくても 風通しが良い場所でしっかりとふとんを広げて干せれ

Copyright © kamaishiseimen Co., Ltd. All right reserved.