カバーを着けないで羽毛布団を使う!!!

1/12/2017

えーと、私はオススメしません

 

 

理由その1

こまめに洗えない

 

衿もとが汚れてきてからでは遅いです。そのまま使い続けるのは気持ちがいいものではありませんね

 

 

 

理由その2

羽毛布団の生地を痛める

 

爪などで直接生地を痛めることもありますが、汗に含まれる皮脂や塩分も生地の劣化につながります

 

 

その結果、羽毛布団の寿命を縮めてしまうことになります

安いものではありませんしもったいないですよね?

 

 

そんなわけでカバーです

 

カバーの中にはこんなヒモが付いていますこれを

 

 

 

 

 

羽毛布団側のループに通してとめます。一般的なもので8箇所このヒモを止める所があります

ちょっと面倒ですが、これをしっかり止めることによってカバーの中で羽毛布団がずれることがほぼなくなります

 

 

 

上で紹介したカバーはホックで「パチッ」と止めるタイプですが他に

 このように2本ヒモが付いていて布団側のループと通して結ぶタイプがあります

こっちは着けるときも外すときも結構手間がかかるのでホックで留めるタイプがオススメです

 

 

 

 

 

ここまでカバーをつけることをオススメしてきましたが、

 

実は…カバーを着けないほうが寝たとき気持ちはいいと思います

 

通気の面や、カバー分の重量がないことにより軽い掛け心地です

そして何より布団の中の羽毛を潰さないのでよりボリュームが出ます!

 

 

でも最初に述べた理由がありますので、掛けふとんカバーを選ぶ時は

 

①軽い

②肌触りが良い

③通気性が良い素材

 

といったところに気をつけて選んでいただくといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

Copyright © kamaishiseimen Co., Ltd. All right reserved.