こたつで寝るということ

1/13/2017

この時期、夕飯を食べた後なんかはそのままこたつでウトウト…

うっかり朝まで寝ちゃったり!

 

 

 

気持ちいいですよね!やめられないですよね!

でも、待ってください当然カラダに良くないです

 

何が良くないかと言いますと

 

 

人は眠りにつくとカラダの特に内部の体温が低下していきます

それにともなって眠りが深くなっていくという仕組みになっています

 

そこをこたつのヒーターで一晩中温めてしまうと眠りの質が低下してしまいます

 

 

 

「いやいや、こたつでも問題なく熟睡できるよ」

 

とおっしゃる方もいるとは思いますが

熟睡できていると思ってもそうとは限らないんです

 

どういうことかと言いますと

眠りには深さの段階があり、深い眠りができないと朝起きた時の熟眠感が足りないということにつながります

 

ヒーターで一晩中カラダを温めるというのはこの睡眠の深さを浅くする恐れがあります

 

しかも、こたつというのは割と窮屈なので寝返りも打ちづらく、これも眠りの質を落とす恐れがあります

 

 

眠りの質が悪く疲れが取れない

     ↓

寝床にたどり着く前にこたつで寝てしまう

     ↓

疲れが取れない

 

 

この魔のループから抜け出してふとんやベッドでちゃんと眠ることをオススメします!

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

Copyright © kamaishiseimen Co., Ltd. All right reserved.