Copyright © kamaisi shiseimen Co., Ltd. All right reserved.

敷布団の簡単手入れ

1/14/2017

本日はふとん、特に敷布団の取り扱いについてお伝えします

 

スプリングマットレスのベッドでお休みの方ではなく、今回は敷布団をお使いの方が対象です!

 

 

敷布団を敷いて寝る環境はいくつかあります

・フローリング

・畳

・ふとん用ベッド   などです

 

毎日布団の上げ下ろし(片付け)をしている方は、ほぼ問題ありませんが

布団を敷きっぱなしにしている方は注意が必要です

特に

 

 

この赤く囲んだ部分が注意が必要です

ここをしっかり乾燥させないと布団と床やベッドとカビさせる恐れがあります!

 

 

 

 

人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかきます

しかし汗をたくさんかく夏だけでなく冬場危険なんです!

私も以前、冬にうっかりして布団とベッドのすのこをカビさせたことがあります…

 

 

 

では、どうして冬が危険かと言いますと温度差による「結露」があるからです

人の体温で温まったふとんの中と寒い部屋の中の温度差により特に背中から腰の部分にかけて湿気がたまりやすくなります

 

 

 

 

フローリングや畳で敷布団を使っている方は毎日上げ下ろし(片付け)をしていると思いますが、

敷きっぱなし、いわゆる万年床という状態になっている場合は写真のように布団を二つに折り曲げて

湿気がよく溜まる部分を露出させるだけでも効果がありますのでぜひお試しください!

 

 

朝起きると掛け布団と敷布団の間がホカホカして干したくなりますが、乾かすべきは敷布団の裏です

もちろん掛け布団を干す余裕がある方はそちらも行うとより良いです!

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square