お部屋に合わせた羽毛布団を

1/16/2017

羽毛布団というと品質の良いダウンがとにかくたくさん入っていれば良いと思われがちですが、実際は季節やお部屋の環境によって使い分けてもらったほうが快適に眠ることができます

 

冬用羽毛布団は羽毛の分量で1kg〜1.4kgくらい布団の中に入っています

それに対して羽毛合掛布団というのがありますこちらは0.6kg〜0.8kgくらいが一般的です

 左が冬用羽毛布団(ダウン85% 1.3kg)     右が羽毛合掛布団(ダウン85% 0.8kg)です

 

ちなみにふとんの柄は違いますが、生地の素材やふとんのたたみ方は一緒です

左の羽毛布団は寒い東北地方の冬にはぴったりの羽毛布団です。朝起きて部屋で吐く息が白くなるようでしたらこちらでいいと思います

 

右の羽毛合掛け布団は元々は春や秋などの季節に使用するものですが、最近ですと高気密、高断熱の住宅も増えていますよね、室温が常に15〜16度みたいな、そんなお部屋にはぴったりです

 

羽毛にはふとん内の温度や湿度をコントロールする力があると言いますが、それでも厚すぎると汗だくで目覚めることになります。

 

 

ふとんの中の蒸れ感などはふとんの生地にも結構左右されるんですが、今回は中身の話ということでまず適切な厚さの布団を選んでいただくことをお薦めします!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

Copyright © kamaisi shiseimen Co., Ltd. All right reserved.