ウレタン素材の取り扱い

1/22/2017

最近、ウレタン素材を使った敷きふとんや枕が結構あります

 

中材にこのような素材が使われていてこれを側地で包んでいるものが多いんですが

 この写真ですと表面のポコポコした面に横になるわけです。

 

この他にもフラットなものやスリットの入ったものなど形状は様々です

 

 

 

それぞれ体重をバランスよく支えたり、寝返りが打ちやすい構造であったりと様々ですが

総じてこのウレタン素材の特徴はと言いますと

 

メリット

・ホコリが出にくい

・綿に比べるとへたりにくい

・省スペース(立てかけやすい)

・虫に喰われづらい

 

 

デメリット

・紫外線に弱い

・濡れると乾きにくい

 

などです

 

 

 

 

ウレタン素材の寝具に関して特に気をつけていただきたいのは、デメリットにある紫外線に弱いということです

この素材は紫外線にさらされると劣化が進み素材がもろくなってしまいます

というわけで外に干す場合は必ず陰干しがオススメです

 

 

 

 

もう一つデメリットにある濡れると乾きづらいというのは、台所用のスポンジを思い出していただくと分かりやすいかと思いますが、水を含ませたまま絞らずに放置しても中々乾きません

それが布団ほどの大きさになってしまいますとご家庭で乾かすのは結構大変です

 

 

 

クリーニングはできますが、ウレタン素材の布団クリーニングを取り扱わないお店もあるので

もしクリーニングをご希望の際はクリーニング店にご確認くださいませ

 

 

なお当店でもウレタン布団のクリーニングをお受け致しておりますのでご希望の方はお電話おまちしております

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

Copyright © kamaisi shiseimen Co., Ltd. All right reserved.